Open
天然由来の水溶性食物繊維の「ネオマンナン」は、加熱できない酸味の強いジュースにとろみがつけられる他、パンや団子、おかゆに加えるとしっとりとした仕上がりが持続できます。咀嚼力が不足しがちな高齢者、生活習慣病予防を考える方などに有効な食材と考えます。

料理マジック

ネオマンナン活用アイディア

お料理に新次元の提案を!
【使用方法】
液体100gにつきネオマンナンを1g~を使用する量に合わせてペーストを調整して下さい。
(総量の1.0%~4.0%)

【使用方法】
小麦粉などの場合は水を加える前にネオマンナンを入れ攪拌して下さい。
ネオマンナンが水分を吸収するまでに約30~60分位が必要です。


【使用方法】
小麦粉などの場合は水を加える前にネオマンナンを入れ攪拌して下さい。
ネオマンナンが水分を吸収するまでに約30~60分位が必要です。

小麦、麺に練りこむことで、伸びにくくなり滑らかで歯ごたえが増します。
膨潤効果(水分を含んで100倍に膨れること)により、少ない原料で同量の製品が出来るためコストダウンを図る事ができます。
更にそれに伴ってマンナンのノンカロリーで製品全体のカロリー減を引き出し健康に配慮できます。

ネオマンナン活用レシピ
【作り方】
1.あらかじめ、ネオマンナン・だしの素・砂糖・食塩を混ぜておく。
2.卵をよくほぐし、1を加え攪拌する。
3.約30分~60分程度熟成させる。(ネオマンナンを膨潤させるため)
4.再度よくかき混ぜる。
5.フライパンに油を引き、4を入れて焼く。


【作り方】
1.ボウルに米粉、ネオマンナン、ドライイースト、砂糖、食塩を
入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
2. 1にぬるま湯(35~40℃)を入れ、木ベラなどでよく混ぜ合わせる。
3. 2にサラダ油を入れ、更に約5分しっかりと混ぜ合わせる。
4. ケースに生地を流し入れ、平らにして生地の高さを確認する。
5. 表面が乾かないようにラップをかけ、室温で20分ねかす。
6. 5の生地を軽く混ぜてガス抜きをし、ラップをかけて30~35℃で発酵する。
7. 生地が2倍になったらラップを取り、アルミホイルなどでふたをする。
8. 160℃に予熱したオーブンに⑦を入れ、160℃で10分、200℃で20分焼く。
9. ふたを取り、更に200℃で約15分焼き、表面に焦げ目が付いたら取り出す。