Open
天然由来の水溶性食物繊維の「ネオマンナン」は、加熱できない酸味の強いジュースにとろみがつけられる他、パンや団子、おかゆに加えるとしっとりとした仕上がりが持続できます。咀嚼力が不足しがちな高齢者、生活習慣病予防を考える方などに有効な食材と考えます。

お客様の声

おすすめコメント

 「和食鉄板 銀座 朔月」 総料理長 大網幸治

特性として一番良い点は、とろみの持続性があるところです。
一般的にとろみをつけるものとなると片栗粉や小麦粉等、火を入れてとろみをつけるんですが、ネオマンナンは冷たいまま入れておくだけでとろみがつくので、ジュース類など香りをとばしたくないものや、すっぱさ(酸気)をとばしたくないものをそのままソースや飲み物に出来るというのは、私が使っている上では一番の利点かなと思います。

また、ランチで牛かつをやっていたのですが牛かつは火を通してしまうと美味しくないんですね。
中をレアの状態で揚げるのですが、中から肉汁が出てしまい、お肉の方からドリップが出るんです。
小麦粉、卵、パン粉をつけるときにどうしても剥がれやすいのですが、その時にネオマンナンを使用したら衣が安定して剥がれることなくしっかりつきました。
粘着力、安定感があるので卵焼きに使用すると卵が切れることなく、くるくると巻くことができてなおかつ長時間ドリップが出ずに維持できる吸水効果がありますね。

 デイサービス 山のいえ 笑楽日 管理者 兼 生活相談員 大蔵 富宏

ケース2
ご自分で排泄動作が困難な、慢性の便秘の利用者さんに使用しています。
今までは定期的に下剤を投与しないと排便が見られませんでしたが、現在は下剤を使わずに自然な排便が見られているようです。
引き続き、ネオマンナンで水分摂取を継続していく予定です。

感想
初めて、口にした時に自然なトロミに感動しました。
思わず何度も口に運んでしまいました。
味も、ほとんど変わらないため利用者さん達も受け入れやすいと思います。
また体にも安全な上、成分がコンニャクなので便秘がちな方にも効果が大きいと思います。
今後は、料理の材料としても使用し、可能性を広げたいと思います。

 「阿部 富美」料理教室 Green Cooking ABE 代表

 料理研究家「飯田 和子」